広報ほくさい トップ
広報ほくさい

2021.6月号

ニュースストーリーJAほくさい公式キャラクター「なっちゃん」

青年部の初活動!~水稲栽培講習会~

JAほくさい青年部は4月13日に本店で水稲栽培講習会を開きました。新型コロナウイルスの影響によりこの講習会は昨年12月の発足以来初めてとなる活動です。部員ら13人が真剣な表情で研修を受けました。
開会にあたり栗原淳也副部長は「今日の講習をぜひ今後の栽培に生かしてほしい。」と挨拶しました。
初のテーマに選んだのは「気象変動に負けない米づくり」。講師に招いた県加須農林振興センターの職員はそのポイントを「土づくり、施肥、水管理、適期収穫」と解説し「これを参考に一粒でも多く高品質に仕上げてほしい。」と呼びかけました。行田地区から参加した関和英之さんは「近年の安定しない気象に不安を感じて参加しました。今日学んだことを生かして良質米を栽培したい。」と話していました。

水稲栽培講習会

フォトコンクールで女性部の梓沢部長が優勝

JA県女性組織協議会の主催で行われた「歩こう、歩こう コロナに負けるな健康づくりフォトコンクール」で、JA女性部鴻茎支部の梓沢幸子部長の作品が県女性協会長賞に輝きました。
このコンクールは長引くコロナ禍で料理教室やふれあいデイサービスなど通常の活動がままならない中、それぞれの運動不足の解消や体力づくりの一環として昨年度開催されました。12月と1月の2ヶ月間で1日当たり6,000歩以上歩くことを目標とし、ウォーキングの間に写真を撮影するというものです。
5月11日には本店で表彰式が行われ、JA大塚宏組合長から表彰状が手渡されました。
梓沢部長は「(玉敷神社の)神楽殿の前の銀杏の絨毯があまりにきれいで、とっさにスマートフォンで撮影したもの。まさか入賞するとは。」と喜んでいました。

梓沢部長の作品
大塚組合長(左)から表彰状を受け取る梓沢部長

女性部羽生支部が新1年生にマスクを贈呈

JAほくさい女性部羽生支部は、同市立手子林小学校の新1年生に手作りマスクを贈りました。4月7日に同小で贈呈式を行い、長谷川タマ子部長と飽戸華子副部長が「新入生の健康維持に役立てて欲しい。」と五月女一義校長に手渡しました。
贈ったのは合計100枚。五月女校長は「新一年生47人に十分な数。新学期が始まったらそれぞれに配りたいと思います。愛情のこもったかわいらしいマスクのおかげで楽しい学校生活が始めらそうです。」と喜んでいました。

五月女校長(左)にマスクを手渡す長谷川部長(中)と飽戸副部長

川里の小河原さんがテレビでカーネーションをPR

川里花き出荷協議会の小河原一雄さんが4月27日に放送された日本テレビのニュース番組「news every.」内の「いまダケッ」のコーナーに出演し、母の日用カーネーションをPRしました。
このコーナーは、旬なものや話題のスポットをタレントの渡辺裕太さんが紹介するもの。小河原さんのハウス内で栽培されるカーネーションの様子などが小河原さんと渡辺さんによって伝えられました。
16時25分過ぎの生中継に合わせて、15時ごろからリハーサルを開始。本番直前まで何度も繰り返されました。小河原さんは「(テレビ出演は)大したことじゃないと思っていましたが、リハーサルの途中に頭が真っ白に。また、中継スタッフの『本番1分前です』の声には一番緊張しました。」と話していました。
母の日の前日がお母さんの誕生日だと話した渡辺さん。小河原さんからお土産に1鉢贈られると、熱心に今後の管理方法などを問いかけ、大事そうに抱えて帰っていきました。

リハーサルを重ねる渡辺さん(左)と小河原さん

野菜苗市を開催

JAは4月25日に騎西中央支店で野菜苗市を行いました。
キュウリ、ピーマンなどの野菜苗を販売するこのイベントは、騎西町農協時代から続く伝統ある行事ですが、昨年は緊急事態宣言に配慮してやむを得ず中止いたしました。今年はご来場の皆さまに手指の消毒やマスクの着用、ソーシャルディスタンスなどのご協力をいただき、無事に開催することができました。
この日の一番人気は接木のナス苗。1,000本以上を売り上げました。すでに花がついているものもあり、収穫も早そうです。

農産物直売所で土産物を販売

JA羽生農産物直売所と騎西農産物直売所は4月29日からのゴールデンウィーク期間中に「おうちで旅気分」と題した全国各地の土産物の販売を行いました。長引くコロナ禍で苦境に立たされている土産物業者を支援するとともに、店舗全体の活性化と集客力の向上をめざすことが目的です。
販売したのは、丹那牛乳バームクーヘン、井筒八ツ橋、金時力まんじゅう、蓼科高原チーズケーキ工房のチーズロールケーキ、武田の笹かまぼこの5種類。
騎西農産物直売所に同地区内から訪れた男性は、ひときわ目を引く朱色の八ツ橋の包みを一つ手に取ると「妻と食べたい」とレジに向かいました。
7月には人気の高い北海道土産の販売を全5店舗で行う予定です。詳しい内容は各店舗の店頭に掲示してご案内いたします。お楽しみに。

騎西農産物直売所に並ぶ土産物

2021年の広報ほくさい

2021.1月号

2021.2月号

2021.3月号

2021.4月号

広報ほくさい4月号

2021.5月号

広報5月号

2021.6月号

2021.7月号

広報7月号表紙

2021.8月号

2021.9月号